自分はゆりの花が好きだ

IMG_0601

これは、この前活けたカサブランカだ。

とても上品な香りがする

白い百合は清廉な印象を与える

このエレガンスさを、自分も身に付けたい

さて、人にはそれぞれ自分の好みというモノがある。

例えば、
・花は百合が好き
・肉より魚が好き
・お刺身とご飯の組み合わせは最高
・本を読むのが好き
など

こんな自分が心地よくなれる鉄板のモノや行為を繰り返していれば、かなり幸せだ

幸せとは、本当は単純なんだと思う。
(だってお刺身とご飯があれば幸せなんだもん)

しかし、多くの人の頭の中には「自分は幸せではない」という観念が入っている。

なので、自分は幸せではないので「自分を幸せにしてくれるモノや人」を自分の外側から探そうとする。

この行為は「不幸」の始まりだ。

・お金持ちの旦那
・高学歴な子ども
・ブランドモノで綺麗に着飾った私

これらを求める心理とはなんだろうか?

・お金を与えてくれる旦那 → 自分にはお金を稼ぐ能力は低いと思っている私。
・自分の望む人生を歩む子ども → 自分がやりたかった夢を実現できなかった私。
・ブランドモノで着飾る → 自分は美しくないと思っている私。

これらは全て「他人軸」だ。

ではこんな風に考えてみりょう。

・今自分が稼いでいるお金に感謝できないだろうか?
・自分がやりたい夢を実現する一歩を踏み出せないだろうか?
・自分の美しさとはどんなところだろうか?自分を自分でほめてあげよう

こんな風に「自分にはないから与えて欲しい」という視点から

「今自分の中にある美点を拡大していく」視点に切り替えていくのもまた楽しい

今日もクリックしてくれてありがとう!! 人気ブログランキングへ
もう一度クリックしてくれて、本当にありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 


★この記事をツイッターにRT(リツイート)する!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 応援クリックありがとう!