抽象化思考

断捨離コーチング 袋・箱編

Googleのイメージ検索で「断捨離」を検索。

その中から適当に写真をピックアップして、その対象物を断捨離する思考プロセスを考察してみることにした

これは、自分の勝手な妄想なのであしからず

el_photo_110308

で、今日のテーマは、「袋・箱」の断捨離。

はずは、袋から。

これは自分も経験があるが、一度貯め始めると、際限なく貯めてしまいがち。

棚の容量いっぱいになっても、さらに、押し込めて収納してしまう

いざ捨てようとしても、なんかもったいない。しかも、可愛い袋はさらに捨てがたい(泣)

さらにときたま、実際に使ったりするからたちが悪い。

次は箱。

思い入れがあるブランドモノの箱を捨てるのはかなり強敵だ

自分もお気に入りのブランドモノの箱を何年もとっておいた経験がある。

ではここで、袋と箱を抽象化して考えてみよう

diagram_110308

袋・箱を一段階抽象化すると、「何かを収納する容器」だ。

さらいに一段階抽象化すると、
・分類・収納する
・モノを移動する
・ゴミを入れて捨てる
などの"したいこと"がある。

●分類・収納するための容器としては、何が適切か?

こう考えると、ショッピングの歳にもらった袋が適切とは限らない。
例えば、雑誌を収納するなら、MUJIのクリアボックスが良かったりする。

●モノを移動するための容器としては、何が適切か?

例えば、誰かにモノを渡す際に、袋があると便利だったりする。
この用途の場合、たしかにショッピング袋は便利だ。
しかし、ストックは3枚もあれば十分だ。

また、素で渡すという選択肢を取ることも可能だし、
段ボールに入れて渡すケースも考えられる。

●ゴミを入れて捨てる容器としては、何が適切か?

雑誌や書類を捨ているさいに、たしかにショッピング袋は便利だ。
しかし、これも紐で縛ったりすれば代替え可能だ。

このように考えると、実用面で考えれば、ショッピング袋はなくても困らない。
ストックとしてとっておいたとしても3枚もあれば十分だ。

であれば、思いきって断捨離してしまおう

可愛くて取っておきたい箱や袋は、写真に撮ってそれを残しておくと、箱・袋に対する執着が軽減して、断捨離しやすくなる。

抽象化思考を使って、箱・袋を断捨離するのもまた楽しい

今日もクリックしてくれてありがとう!! 人気ブログランキングへ
もう一度クリックしてくれて、本当にありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

★この記事をツイッターにRT(リツイート)する!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 応援クリックありがとう!

断捨離コーチング 筆記用具の断捨離編

Googleのイメージ検索で「断捨離」を検索。

その中から適当に写真をピックアップして、その対象物を断捨離する思考プロセスを考察してみることにした

これは、自分の勝手な妄想なのであしからず

screen_110305

で、今日のテーマは、「筆記用具」の断捨離。

まあ、皆さんためがちなモノの代表格だ。

断捨離を本質的にするためには、ただ捨てようとしてもダメだ。そのモノを現象界で持ってしまっている自分の観念を書き換える必要がある。

断捨離のステップ1は、足かせとなる観念を断捨離することだ。

なので、今ある(ありがちな)筆記用具にひもづく観念の棚卸しをしてみよう

diagram_110305_002

上記はあくまで例だが、例えば、沢山の筆記用具を持ってしまう背景として、
・なくなったら困るから取っておく
・人からもらったから取っておく
・可愛いから取っておく
などがある。

さらにその背景には、
・必要なモノが必要な時に与えられない私
・人から嫌われたくない私
・可愛いモノが好きな私
などがある。

これらの観念がひもづいているので、なかなか筆記用具を捨てられない。

・必要なモノが必要な時に与えられるにふさわしい自分
・どんな私でも自分自身を愛せる自分
まずは、自己肯定から始めたい。

次に、可愛いモノが好きな私は書き換えなくてもよい。

ただ、可愛いモノを多くの筆記用具で体験するのではなく、一本のちょっと高価だが良質で可愛いブランドモノのボールペンに置き換えてみるのもよいだろう。

ステップ2として、そのものがもつ機能や役割を抽象化して考えてみよう

diagram_110305

そもそも筆記用具とは、なにかしらの情報を記述するための道具である。

さらにその背景には、「勉強する」「メモする」「伝言する」などの"したいこと"がある。

このようにまず物事を抽象化して考える習慣を付けよう。

そこで、例えば「勉強するために必要な筆記用具として、自分に適したモノはなにか?」という問いを考えてみよう。

そこで導き出された道具たちがあなたに合った自分軸でかつ今必要な筆記用具だ。

その数は意外に少ないかも知れないし、多いかも知れない。

しかし、数の過多ではなく、自分に適した必要な道具か否かが重要だ。

このような思考プロセスを通すと、断捨離もスムーズに進む。

抽象化思考を使って、自分軸を取り戻していくのもまた楽しい

今日もクリックしてくれてありがとう!! 人気ブログランキングへ
もう一度クリックしてくれて、本当にありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

★この記事をツイッターにRT(リツイート)する!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 応援クリックありがとう!

断捨離 モノを選んだ基準を抽象化する

さて問題 ↓この造形的に美しい曲線の物体はいったい何でしょうか?

el_photo_110218_001

実はこれパソコンのマウスなんです

el_photo_110218_002

人にはそれぞれ、モノを選ぶ基準のクセがある。

今回は、その選ぶ基準を言語化して抽象化してみた

diagram_110218

このように言語化してみると、自分がモノを選ぶ選定基準が見えてくる。

今回はマウスを例に、選定基準を書き出してみたが、他のモノを買うときも同じような基準で選んでいることが多い。

例えば、この前購入したクリステルの鍋なんかも、同じような選定基準で購入した

IMG_0458

クリステルの鍋は、
・造形的に美しいし
・価値に見合った価格だし(ちょっと高いが...)
・機能的で使いやすい

マウスの選定基準と酷似している。

そう、人は自分の頭の中にインストールされている選定基準を繰り返し使っているのだ。

ということは、そのインストールされている選定基準が幸せなものでないと、結果として選んだモノも幸せでなくなる。

ポイントは、常に選定基準を見直して、よりよいモノに書き換えていくことだ。

そう、選定基準という思考のプログラムを書き換えていくのだ

自分の中の選定基準を言語化して、内容を見直してみるのもまた楽しい

今日もクリックしてくれてありがとう!! 人気ブログランキングへ
もう一度クリックしてくれて、本当にありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 


★この記事をツイッターにRT(リツイート)する!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 応援クリックありがとう!

やかんを断捨離する思考プロセス

以前ブログでも書いたがやかんを断捨離した。

IMG_0258

「捨てようか?捨てまいか?」この問いはダンシャリアンなら必ず通る道だ。

捨てるためには「執着を外したり」「観念の書き換え」をする必要がある。

そうしないといくら「捨てよう捨てよう」と念じたところで捨てられない

かりに勢いで捨てられたとしても、時機にリバウンドしてしまう

今日はリバウンドをしない「観念を書き換える思考プロセス」を紹介する。

まず、やかんとは何だろうか?「抽象化」して考えてみよう

diagram_110213

今回は「湯を沸かしたい」という欲求を手放すことはしなかった

「湯を沸かす道具」という抽象度で、やかん以外に具体的な道具がないか考えてみた。

diagram_110213_001

自分の場合は、「鍋でいいじゃん」ということになり、鍋で湯を沸かすことにした。

結果としてやかんを断捨離して、リバウンドもしていない。

抽象度を一段階上げて、その視点で物事を考える。

この思考プロセスは、モノを捨てる上でとっても役に立つ

今日もクリックしてくれてありがとう!! 人気ブログランキングへ
もう一度クリックしてくれて、本当にありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 


★この記事をツイッターにRT(リツイート)する!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 応援クリックありがとう!
Twitterへ阿比留 慎太郎 あびる しんたろう Shintaro Abiru

エリジアムライフ主宰
日本断捨離研究所 情報企画室室長
行動習慣ナビゲーター認定講師

極楽秘境の美的生活(エリジアムライフ)をテーマに情報発信。日常生活の中に「美」を積極的に見いだすスタイルを広めている。

ただ子供のころは汚部屋で、片付けが全くできなかった。そんな中、独自の整理整頓術を編み出していき、汚部屋脱出。

自分磨きは部屋磨きをモットーに美的生活を謳歌している。

取材や各種問い合わせ先
info★abiru.net
★を@に変えてください(スパム対策です)。

おすすめリンク
これって片づけですか?いいえ断捨離ですよ♪
こちら本家やましたひでこ先生の断捨離ブログです。

日本断捨離研究所(通称:ダンラボ)
ひろし所長が運営する日本断捨離研究所のブログです。私もダンラボ情報企画室室長として日々精進しております。

回答ルパンの『かたりましょう♪』
とてもユーモアがあり知的探求心の高い回答ルパンこと高島亮さんのブログです。

行動習慣研究所・公式ブログ
行動習慣研究所の富田哲郎(トミー)さんのブログです。佐藤伝さん関連の情報を発信しています。

紫陽花暮らし
まめさんの断捨離ブログです。ねこの写真がかわいい(^^)
記事検索
QRコード
QRコード