昨日、鉄次の鯛焼きを食べた

el_photo_110221

この鯛焼き美味しい〜

皮はぱりっとしていて、あんこはたっぷり

ちなみに、一般的な鯛焼きの形はこんな感じだよね。

0000095149

それに対して、鉄次の鯛焼きは...。

el_photo_110221_002

形がまんまるでかわいらしい

なんかここ最近、スイーツの記事が多く、断捨離ブログからスイーツブログに変わりつつある

ではここで、鉄次の鯛焼きと断捨離をかけて、一つ小話を

鉄次の鯛焼きのすごいところは、
(1) 「やっぱ鯛焼きはあんこがたっぷりだと美味しいよね〜」という欲求をかなえつつ、
(2) 造形的に従来の鯛焼きの形から大きく変えて、まんまるの形にしている点だ。

この(2)の円という形は、(1)のあんこたっぷりを実現する上で、構造上もサポートしている。

丸い形だから、どこをかじっても必ずあんこにあたる。

このように、鯛焼きの新しい形をリデザインするためには、いったん従来の鯛焼きにひもづいている固定概念を断捨離する必要がある。

いったん従来の鯛焼きの形や作り方などを"捨てる"ことで、ゼロベースで新しい発想をすることができるのだ

例えば、本棚。従来の発想だとこんな感じの本棚になる。

MA77583_01_400
段違いコミックラック8EB

それに対して阿比留図書館の本棚はこんな感じだ

DSCF3427

従来の発想のように本を積み上げる方式から、横に広げる方式に変えた。

そうすることで、ギャラリー風になり、"本を魅せる"ことができる。

結果として、ゲストが訪れたときに、本棚の本がきっかけで新しいコミュニケーションが生まれたりする

従来の発想を断捨離して、新しい発想を取り入れるのもまた楽しい

今日もクリックしてくれてありがとう!! 人気ブログランキングへ
もう一度クリックしてくれて、本当にありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 


★この記事をツイッターにRT(リツイート)する!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 応援クリックありがとう!